ソーシャルレンディングサービス トラストレンディング

トップページ

お知らせ
2019/02/25
お問合せの多い内容に関する補足説明について

お客様各位


 この度、2019年2月22日付、証券取引等監視委員会の勧告にありますとおりファンド資金の一部が、当社の元取締役である 山本幸雄氏が実質的に支配する法人(以下、「会社A」といいます)へ流出していたことが判明いたしました。これに関連して、山本幸雄氏及び資金流出に関する問合せが多く寄せられておりますので、下記に補足説明致します。

1. 当社取締役であった期間
   2018年10月5日 ~ 2019年2月20日

2. 当社との関係・これまでの経緯
  ・2017年2月~2018年10月 :仲介者として、当社に貸付先と貸付事業を仲介
  ・2018年10月5日 :当社取締役に就任
  ・2018年10月~2019年2月 :当社取締役として、自身が仲介した案件の管理及び回収業務に対応
  ・2019年2月20日 :証券取引等監視委員会の検査にて、ファンド資金流出への関与が判明したため解任
 
3. 資金流出の内容
 今般の勧告の(3)にある資金流出の問題は、当社から貸付先へ貸付実行された後に、各貸付先が会社Aに対して送金している
 事実が判明したものです。この資金移動は、借入申込時に貸付先が申告していた資金使途とは異なるものと判断しております。


 2019年2月22日付、「損害賠償等請求訴訟の提起に関するお知らせ」にて高速道路工事ファンドに関する貸付審査の経緯と判明した事実の概要をお知らせしております。 この内容につきまして、訴訟の内容と今後の分配・償還への影響に関するご説明の依頼が多く寄せられておりますので、下記にポイントを絞ってご説明いたします。

1. 当社が提起した訴訟の内容
 貸付実行前に貸付先が当社に申告していた内容(現場視察時の説明や提出書類等)に虚偽があったため、貸付したファンド資金の一括返済を求め、出資者の皆様へ返還することを目的とした損害賠償等請求の訴訟を提起しております。
 
2. 出資者の皆様への影響
 高速道路工事ファンドについては、これまでに利息支払の延滞等は発生しておりませんが、今般の訴訟に伴って貸付先が支払いを停止することで、今後、当社から出資者の皆様へ月次の分配や元本償還を行えない状況となることが予想されます。

当社が販売したファンドにて、このような問題が発生し、多大なるご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。





© 2017 エーアイトラスト株式会社 All Rights Reserved.